<< 御子元ワラサ! | main |

つけ餌の脱落防止のため

投入時、通常の市販仕掛が海中に落下していく様子を見ていると、おもりに引っ張られ勢いよく回転しながら落ちていく様が観察できます。

沖釣の場合、LTでも20Mあり通常おもりの号数=沈めるタナです。普通のビシアジ、ノッ込みマダイだと80M前後と相当な深場です。

この間あの柔らかい沖アミが数十号のおもりで回転し強制的に深場に落ちていくなら・・・・・たぶん着底したころには相当針からずれるか、下手すれば取れて無くなっているかもしれません。

このとき餌ずれを回避するため、スプールにドラッグを利かせスピードを落とし、ソフトランディングさせるのも当然の知恵です。

バスター8直線糸の場合、回転せず一直線に落ちていきます。餌ずれをさせないためにも有効です。
エサずれさせない”糸グセバスター8”
http://www.buster8.com/
| - | 17:24 | - | - | - | - |

10
--
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
--
>>
<<
--
Profile
New entries
Archives
Categories
Recent comment
Recommend
Mobile
qrcode
Links
Others
無料ブログ作成サービス JUGEM